メンタルヘルスとともに働くこと-Working with Flexibility-

うつや双極性障害などのメンタルヘルスの問題を抱えながら働く方法をシェアしていきましょう!

再発防止と仕事

再発防止は重要

知人の中に、復職した人や子供のころに患ったうつをそのまま放置した人には

再発をして仕事で苦しんでいる人が何人かいます。

 

メンタルヘルスの問題を抱えること自体負担になる

どんな病気でもそうですが、病気を抱えながら仕事をするということが、

病気がなかった場合と比べて、心理的・体力的な負担を被る場合が多いはずです。

メンタルヘルスの問題、うつ病などにおいては言い出せないこともあり、

負担は余計大きくなるものだと感じます。

 

●再発すると悪循環

周囲を見ていて感じたことは、再発すると悪循環に陥りやすい。

上手に立ち直って社会に復帰して、仕事を続ける。

この当たり前のことが非常に難しいのです。

ものすごく自信を失って人が変わったようになってしまった人もいました。

 

●再発防止と立ち直りに重要なコミュニケーション力

うまく立ち直った人たちに共通していたことは、コミュニケーション力でした。

長く勤める中で、話せる人をつくっておき、信頼があるからそこをきっかけに戻れる。

つまり、状況をうまく伝えられて、「戻って働く」という目的に向かえるのです。

また、理解者がひとりでもその場にいるかいないかは大きな差です。

 

あわせてよみたい

workwithpsychosis-nagoya.hatenablog.com

 

立ち直った人の話は参考になります。

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村