メンタルヘルスとともに働くこと-Working with Flexibility-

うつや双極性障害などのメンタルヘルスの問題を抱えながら働く方法をシェアしていきましょう!

メンタルヘルス、職場の人への説明の説明の仕方

「私、うつなんです」

あなたならどうやって職場の人に自分がメンタルヘルスの問題を抱えてしまったことを説明しますか?

 

メンタルヘルスについて理解してもらえると思わない

相手から理解が得られると信じ切ってしまわないことです。

メンタルヘルスの問題はまだまだ偏見が多い世界。

ましてや同僚や上司、部下にしたら「え、いきなり休まれても。。。」

「責任なんてどうとるんだ。。。」といった感情が真っ先に押し寄せます。

要は、歓迎されない事態だ、ということです。

 

メンタルヘルスの伝え方

まず、医師の診断を受けて、第3者であり専門家の医師の意見をありのままを伝えましょう

その上で、自分が治して働きたい意思をつたえる(辞めるならいいですが)。

判断は相手に委ね、できるだけいい条件(復帰できること)を出してもらえるように、「相談ベース」で話をすること。

 

その時にいきなり本を持ち出して相手を情報の洪水におとしてはいけません。

 

●まとめ

大きな誤解をまねかず、相手に負担をかけすぎない、自分は治療してもどる、そんな伝え方を心がけましょう。

 

・合わせて読みたい・

workwithpsychosis-nagoya.hatenablog.com

 

おすすめ書籍

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村